【艦これ】「5-5」第二次サーモン海戦攻略(潜水ルート・無支援)

こんにちは、irislabのちひろです。

最近は拡張作戦海域の一つである5-5:サーモン海域北方「第二次サーモン海戦」を攻略する時に今までの軽空母編成ではなく、潜水艦を使った潜水ルートを使うようにしています。
今までの潜水ルートは支援有りが前提でしたが、最近は支援が無くても攻略出来るようになってきており、手間がかからないのが良いですね。

概要

第二次サーモン海戦-メイン

拡張作戦海域の一つで攻略する事で勲章と戦果200を獲得する事ができます。
毎月ゲージが回復しますので勲章集めのためにも攻略しておきたいですね。

ルート

5-5潜水ルート

いつもは軽空母を編成に加えた軽空母ルートを採用していますが、今回は潜水ルートを採用しています。
戦闘回数は同じですが、こちらはE風こと羅針盤による逸れが無いのが大きなメリットですね。

潜水艦を丁度3隻含めることでルートが固定出来ます。
敵編成に対潜艦がズラリといるのが怖いのと、ボス戦での火力が足りるのかどうかがこのルートのポイントですね。

空2戦1・制空均衡

編成

5-5潜水ルート-空2戦1・制空均衡-編成

空2戦1・制空均衡

潜水ルートでもいくつかの攻略パターンが存在します。

今回は潜水3+空母2+戦艦1という編成かつ、道中航空優勢、ボス均衡で調整した編成にしています。

この編成のメリットはやはり開幕の火力を上げる事が出来るため潜水艦が大破するリスクを下げる事が出来ます。また、潜水艦にカットインさせやすいため運改修が済んでいる潜水艦が居ればある程度安定してゲージを割る事が出来そうです。
デメリットは航空戦の被弾が怖い事でしょうか。後は弾着観測射撃や戦爆連合CIがボス戦で出来ない事ですね。

まず制空値ですが初戦で航空優勢が確保できる最低ライン210を超えるように調整しました。採用する艦娘や装備の性能によってはもう少し余裕を持って装備する事が可能ですね。上の例で丁度210ですのでもしも参考にされる方は改修具合、熟練度、搭載スロット等にご注意ください……。

戦艦枠は武蔵改二以外でもできなくはないのでしょうが難易度は上がりそうですね。単発攻撃でも十分な火力があり、戦艦レ級eliteの雷撃にも程よく耐え、制空補助も出来るとなると……。制空を他に任せられるのであれば大和等でも良いですね。
補強増設も合わせて道中では弾着観測射撃をさせています。まぁどちらかというとボス戦の火力向けに徹甲弾を積んで、触接のために水上偵察機を積んでいるのでこうなっているだけですけどね……。

空母は今回は瑞鶴改二甲と大鳳改を採用しました。基本的に艦上攻撃機を満載しつつ、制空値の微調整と道中と戦爆連合CI用に瑞鶴には艦上爆撃機も積んでいます。大鳳改は意外と柔らかく戦艦レ級eliteの雷撃が怖いためバルジを2つ積んでいます。これで中大破率65%から40%くらいかなぁ。瑞鶴も本当は2つ積みたいところなのですが大鳳よりはマシということで1つですね。

瑞鶴改二甲の流星改は熟練度が付いていればどの艦上攻撃機でも良いので基本的には1出撃毎に入れ替える感じです。運良く無事な事もありますが12機なので……。
制空値等を調整する必要はありますがSaratoga Mk.II Mod.2あたりはこの編成に向いていますね。

潜水艦は基本的に装甲・耐久が高い子を選びたいですね。伊13型であれば雷装値が下がってしまいますが1スロットを水上戦闘機にする事ができますので制空面で頼りになります。

編成所感

5-5潜水ルート-空2戦1・制空均衡-ラスト
5-5潜水ルート-空2戦1・制空均衡-補給

資源消費は1戦あたり燃料367、弾薬449、ボーキサイト400、高速修復材2くらいですね。
ここに入渠分を含めると燃料650、弾薬449、鋼材700、ボーキサイト400、高速修復材2くらいになっています。

開幕は確かに強力ですが攻撃が少数に集中してしまう事もあるので、必ずしも期待通りの戦果が期待できるわけでは無さそうです。ボス戦火力は思っていたよりも十分にあると感じました。潜水艦の運改修が済んでいる提督さんは十分すぎるくらいだと思います。
気になるのは制空が低い事による航空戦の被害ですね。確保・優勢ではそこまで気になりませんでしたが、本編成では確実に耐久を削られ、場合によってはそれだけで中破以上にされる事もありました。

雷撃はある程度我慢して12cm30連装噴進砲改二を採用した方が安定しそうな気もしますね。これは次の課題にしましょう。
後は噴式航空機の採用有無、潜水艦に水上戦闘機を積んで武蔵改二に電探等を積むといった編成パターンも考えられますね。スロットに余裕が有れば彩雲も積みたいところです……。

潜水ルート(無支援)の感想

安定感で言いますと軽空母ルートには及ばない印象ですね。
単純な撃破率等をみれば軽空母ルートと大差無いのですが、道中からボスまでずっと大破撤退のリスクを背負っているので精神的に疲れるなという意味で安定感が及ばないと表現しています。
もっとも、E風こと羅針盤逸れがありませんし資源消費も少ないので十分に使えるルートではありますし、研究し甲斐がありますよね。

ただし万人向けというわけではなく、ある程度装備や艦娘が充実している人向けな気がします。昔やってみたけどボロボロになったから使っていないという方は再チャレンジしてみるのも良さそうです。最終形態時のみ決戦支援を出したり、最後だけ軽空母ルートを使うといった方法も良いですよね。

それと潜水艦の運改修や耐久改修ですが、普段から潜水艦のお世話になっている提督さんは十分にアリですよね。あとはケッコンカッコカリなんかは宗教上の理由もあると思いますが潜水艦の欠点である回避で大きな差が出てくるので十分選択肢に入るのかな~と思います。

このルート、上でも書いていますが色々と考える幅があるので楽しいですね。後は人によって合う編成、合わない編成があるところとか。


関連する記事


スポンサーリンク


カテゴリー: 艦これ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)